一日中パソコンを使っていて肩こりが酷かった

もともと仕事がパソコンを使う関係の仕事をしていたので、一日中座って同じ姿勢で作業しなくてはならないし、パソコンを使うのでどうしても肩が凝ってしまい、辛い痛みがありました。

その後、結婚して出産をしたんですが、赤ちゃんのお世話をする姿勢もなかなか、肩のこる姿勢が多いものです。

オムツ替えや、おっぱいをあげる姿勢も、同じ姿勢の繰り返しです。下向きの首からくる肩の痛みがひどくなりました。

また、赤ちゃんを寝かせながらおっぱいをあげて自分も寝る、添い乳という授乳の仕方をして寝ると、どうしても赤ちゃんを腕まくらしてあげる姿勢になります。

そのまま、夜中は自分も赤ちゃんも眠りについてしまいます。腕は腕まくらの状態で固定され、無理な姿勢のまま長時間過ぎていくことになります。

せっかく寝たのに、朝起きたら首から肩にかけて痛くて痛くて疲れが溜まってしまった状態で起きることになります。抱っこひもをするのも肩に負担がかかります。

 

自分で肩をもんだり首をもんだりしています

よく、自分の手で肩を揉んだり首を揉んだりします。

一時的に血流が良くなって気持ちがいいのですが、子供がいるので長時間自分の首や肩ばっかり揉んでいられないので、あまりに痛みがひどい時は、サロンパスや湿布などを特に痛い部分に貼るようにしています。

スースーとした感覚があって多少、貼ると気持ちが良かったりしますが、それも一時的なもののような気がします。

どうしても毎日の生活の中で、肩こりの要因になる姿勢や動作が多いので、全く肩こりがなくなってしまうとあうことは、なかなか難しいように思います。

あとは、肩甲骨を動かすストレッチングが最近よくテレビや雑誌等で見かけます。

たしかに同じように肩甲骨の骨を動かすストレッチングをしてみると、肩全体がほぐれて骨が剥がれて動くイメージで、とても気持ちがよく、全体的に肩が伸びてスッキリできる感じがします。

子供もマネをして同じように腕を回したりして踊ってるように楽しんでストレッチングできていいです。

最近ですが、肩こりに効果があるサプリのレビューをみたので、買いたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です